山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【生き方・あり方・方向性】落第生のひとりごと

Facebookの友人とのやり取りから。
せっかくなので残しておこうと思ったので
記事にしておきます。

 

私がブログを書く理由と、そのスタンスについて。

 

 

私の尊敬している人の言葉で

 

「どんなに偉大な天才も、人類の全領域に
比べれば落第生である」

 

というものがあります。

 

ブログやFacebookの書き込みを見ればわかる
ように、私も日々力不足を悔いていたりしますが、
この言葉を思い出すたびに「結局、自分のできる
範囲のことをやるしかないのだ」という
当たり前の結論に行きつきます(^^;)

 

いかに天狗になろうと、所詮、人類全体から
見れば落第生。

 

だからこそ、自分一人ではなく、より多くの人を
巻き込み、協力してもらうことが必要なのだ、と。

 

私のできることは、自分の足跡を少しでも
歩きやすく後世に残し、その上で後から来る人が
より先に進む手伝いをすること。

 

そう考えて日々ブログを書き連ねております(笑)。

 

 

●関連

「どんな天才も、人間の全領域に比べれば落第生である」(ドラッカー

 

◆補足

Facebookへの紹介文を転載

 

【生き方・あり方・方向性】落第生のひとりごと

ブログを更新しました……というほどかしこまったものではないのですが(^^;)、メッセージのやり取りでふと残しておきたいものを書いたので、せっかくなので記事にして残しておきます。

「私がブログを書く理由と、そのスタンスについて」です。