山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(謝りすぎの自己暗示)

自責は他責より尊いが、謝りすぎは自分自身の自信をなくし、せっかくの力を発揮できなくなる。

また、周りから見ても「いつも謝っている人」と不当に低い評価をされたり、「謝りさえすれば済むと思っている」と邪推する人さえいるかも知れない。

自分の言葉を一番聞くのは自分自身。その言葉は多かれ少なかれ自己暗示にもなる。

謝るべき時に謝るのは大事だが、「謝りすぎ」にも要注意。謝りすぎもほどほどに

広告を非表示にする