山田太郎(仮名)のメモ帳

チェックリストの活用によるミス予防や効率化、ふり返りを通した改良の方法を中心に、実践を通した日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(賢明よりも誠実を)

1つしか選べないのなら、賢明であるよりも誠実であることを選んだ方が良い。

ただし、ここで言う誠実には自分1人でできないことを自覚し、顧客のためにしかるべき人に力を借りることを含む。

誠実もただの良き意図で終わらせず、結果を伴うようにやり方を工夫してこそ相手にとって初めて意味を持つ。

賢明よりも誠実を、そして結果を伴う誠実を目指そう