山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

言葉のかけら(本と経験をつなぐ)

本を読む時は、自分の経験を注釈とする。

実際に何かをする時は、聖人や賢人の言葉を思い出し注釈として臨む。


●補足
本を読む時は「自分の自分は〜」と自問しながら読むと実践しやすい。

また、「あの尊敬する人ならどうするか?」と考えるのも、上記の「賢人の言葉を注釈とする」の一形態と言える

●参考
座右版 言志四録p115