山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【プレゼン・スピーチ】”プレゼンジャム”どこに塗る?

f:id:yamadakamei:20151114225705p:plain

 

プレゼンの時間はパンに塗るジャムのようなもの。

 

どう塗るかは自分で決められるが、
どう塗ろうが塗れる量自体は変わらない。

 

ここで大事なのは、ジャムを塗る自分だけでなく
それを食べる相手(聞き手)の希望を確認し、
できる限りそれを軸に塗り方(作り方)の
メリハリをつけること。

 

もちろん、職人(伝え手)としての自分の考えも
あるから100%意向に沿う必要まではない。

 

しかし、希望を確認しておけば、少なくとも
”自信作”を出して「いや、そういうつもりじゃ
なかったんだけど……」と言われて
お互い気まずい思いはせずに済む。

 

実はその場で伝えてくれるならまだいい方で、実際には
笑顔で受け取ってお店(会場)を出てから「なんか期待外れ
だったな」とつぶやかれる事の方が多い(そうすると、
もう自分が”間違った”ことにさえ気づけない)。

 

 

何より大事なのは、手持ちのジャム(時間)は
限られており、全てに厚塗りすることはできない
ことを理解すること。

 

その上で、お互いにとって最良の満足を得るために
希望の重なりを軸に時間を使っていこう

 

 

●関連

「ブルーベリージャムの法則」(「コンサルタントの秘密」)

 

◆補足

ちなみに、この考え方は全ての時間を使う物事(つまり
人生そのもの)に応用できる

 

●関連記事 

yamadakameimemo.hatenablog.com