山田太郎の気づきノート

タスク管理や効率化、自分の活かし方を中心に、実践を通して得た気づきやコツを図解を交えて紹介します

言葉のかけら(弟子の本懐)

偉大なる師を慕うからこそ、師の思いを継ぐものとして役目を終えた昨日の師を乗り越える。それは、偉大なる師が今日生きていたら自ら行ったであろうこと。そしてもう永遠に行えなくなってしまったこと。ならばせめて、師の思いを継ぐ者が引き継ごう。

 

師を乗り越えるのは弟子自身のためでもあるが、一番は歩みを止めざるを得なかった師への弔いなのだ。師の思いを引継ぎ、いつか昨日の師を越える、それこそが弟子の本懐

 

●関連記事

yamadakameimemo.hatenablog.com

yamadakameimemo.hatenablog.com

広告を非表示にする