読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田太郎(仮名)のメモ帳

生き方、時間術、プレゼンやコミュニケーション、人材育成などについて日々の気づきを書いていきます

【学び・成長・自分の活かし方】毎日KPT 11/30

◯keep ◎朝少し余裕があったので、かねてから気になっていたプレゼン仲間のプレゼン動画を見てコメントした ◎動画の分析で、久しぶりに分析眼の全力を出した(「全力のストレッチ」) ・動画へのコメントは、フィードバックシートの形でまとめて整理するとま…

言葉のかけら(「できること」は奥歯でこらえる)

「できること」は奥歯を噛み締めながらじっと動きをこらえ、極力やらずに力を貯める。ダムのように力を貯めたからこそ、本当に必要な時に「自分にしかできないこと」に全ての力を注ぎ込むことができる。奥歯の減り具合はその人の克己心の表れ。いつも目に見…

【学び・成長・自分の活かし方】仕事力のピラミッド

実はこれは以前別のSNSにだいぶ以前(2006年)に書いた私の「鉄板ネタ」 なのですが、9年経った今でも基本的な考え方は変わらないようなので、 せっかくなのでここでも改めて記事にしておきます(^^;) 見やすく編集したほかはほぼ原文ママです。 一言で言う…

言葉のかけら(コトバとともに出て行くもの)

「自分にしか出来ないこと」により集中したければ、まず大事なのは他人の領域に口出しをしないこと。 口を開けばコトバとともにエネルギーが出て行く。一度言ったらそれに伴う諸々の責任も発生する。言うだけでは済まず、行動も求められるかもしれない。 言…

【学び・成長・自分の活かし方】毎日KPT 11/19

◯keep ・朝起きてじっくり深呼吸をした ・「今日もいい日」をした(前日寝る前の「3good」の流れを引き継ぐ) ・電車から降りる時、声を出すだけでなく手を伸ばしながら進んで「見てわかる予告」にした ・まず「周りがどう思うか」ではなく「何が必要か」「…

【学び・成長・自分の活かし方】毎日KPT 11/17

◯keep ◎ブログを眺めていて、目線の流れを考慮して△problemを▲problemへ変更した(コントラストがあり目に留まりやすい+「黒」でマイナスイメージ)・偶然、ブレストふせんの即時グルーピングを覚えた(とは言ってもただランダムに貼っていたのを初めからグ…

【学び・成長・自分の活かし方】毎日KPT 11/16

◯keep ・朝、妻とちょっと気まずくなったが「ごめんね、ありがとう」で送り出せた ◎このブログに☆をくれた人のブログを偶然読み、「寝る前に3つ良かったことを思い出す」を読み、やってみようと思った b-zone-salariedman.hatenablog.com ・妻とのやり取りで…

【学び・成長・自分の活かし方】毎日KPT 11/15

◯keep ・メールはすぐ(5分以内など)に返さないことを覚えた(相手が追加でメールをしてくる可能性があるため。ただしお詫びや訂正をする必要があるときは例外) ・集中してやる必要のある作業のときに、パソコンやFacebookを切った・先に読書(価値がある…

言葉のかけら("ほどほど"は誰のため?)

「ほどほどでいい」は、自分だけのことなら迷惑も自分だけにかかるのでまだいい。しかし、他人が絡むことだと、万が一相手に迷惑がかかることも考えれば、なかなか「ほどほど」とは考え難いもの。でも、他人のことでも大きな視野で見れば「期待をほどほどに…

【学び・成長・自分の活かし方】毎日KPT 11/14

◯keep ・食後の能率の落ちる時間にルーチンの家事をやり、時間を有効活用した ・「失敗談」は昔のこと。いくら失敗談を語っても「今」の信頼性は落ちないことに気づいた ・英語のPDFを読むのに、英語辞書のプラグイン+画面ズームでストレス軽減とリズム向上…

【プレゼン・スピーチ】”プレゼンジャム”どこに塗る?

プレゼンの時間はパンに塗るジャムのようなもの。 どう塗るかは自分で決められるが、どう塗ろうが塗れる量自体は変わらない。 ここで大事なのは、ジャムを塗る自分だけでなくそれを食べる相手(聞き手)の希望を確認し、できる限りそれを軸に塗り方(作り方…

言葉のかけら(私の”思い”)

郷 忠雄さんの小冊子を読んでいて、私の”思い”って何かなあと考えてみました で、色々と美辞麗句(笑)と修飾語を削った結果、最後に残ったのは こんな感じ(美辞麗句って不思議と自分でわかりますよね(苦笑))。 「あとから来る人たちには、傷ついて欲し…

【学び・成長・自分の活かし方】毎日KPT 11/13

◯keep ・勘違いで間違った発言をした後、相手の基本的な対応は変わらないが謝罪して訂正した ・作成した想定Q&A(配布しない)についても、管理職に提示しコメントをもらった(特に表現について) ・説明会前の想定Q&A再確認中に打ち合わせを希望されたが、…

言葉のかけら(技術の前にあるもの)

技術も墳せずんば啓せず(※)が理想。※本人がわからなくてのたうちまわっているくらいでなくては、物事を教えないということ思いはあるのにうまく伝えられない(実現できない)、とのたうちまわるくらいになって、初めて技術に最大の効果がでる。「形」(技…

【学び・成長・自分の活かし方】毎日KPT 11/12

◯keep ・リハーサルで、発言の少ない非専門職に積極的に感想を聞いた・リハーサルを通して同僚に想定Q&Aを聞いた・想定Q&Aはリスクマネジメントになる反面、時間を大きく食う。多めに時間を見積もりつつも「最低限これだけは質問されそう」というところから…

言葉のかけら("無価値"の捨て方)

世の中に、本当の意味で「価値のない」ことなど存在しない。どんなことでも、必ず誰かにとっては価値がある(それが誰で、どれくらいいるかはさておいて)。逆に、だからこそ「自分達ならこの価値を最大化できるか」を考え、それを軸にしてすることを選ぶ必…

【学び・成長・自分の活かし方】毎日KPT 11/11

◯keep ・移動中に半眼を活用し、体力を温存した ・半眼のおかげか、空がよく見え写真を撮れた ◎パソコンの筐体を移動する際、接続コードの位置関係を写真で撮って確認し、スムーズに移動と接続ができた ・資料作成後読み上げを行い、自分の耳で聞いて流れの…

言葉のかけら("何もしない"強さ)

「何かをする強さ」があるように、「何かを"しない"強さ」というのもあるなあと、疲れていると特に強く感じる。疲れているとどうしても自制心が緩み、つい余計なことにまで口を出してしまいがち。特に細かいことに"気づいてしまう"性分の人はなおさら。でも…

【成果・貢献・自分の活かし方】KPT始めました

効果的なふりかえりと自己評価の向上のため、飯島 宗裕さんの研修コーディネーター研修で学んだKPT(※)を始めてみることにしました。 ※KPT:ケプト。KEEP=よかったこと、problem=問題のあったこと、TRY=keepとproblemを踏まえて次回以降すること、の頭文…

【成果・貢献・休み方】骨折り損と行動のかけ算

うーん、なんか昨日は骨折り損のくたびれ儲けな感じの1日でした(汗)。"した方がいいこと"に手を広げると、結局は疲れて行動の質が落ちて、結局自分も周りも不幸になるとあらためて痛感。特に、"特殊"なことは周囲に理解してもらうためにも時間と労力がい…

言葉のかけら(いつも、意味を思い出そう)

どんなことであれ、目の前の作業に集中しているとついつい「意味」を忘れてしまいがち。そして、意味を忘れた作業ほど疲れるものはない。自分が今していることがどんな意味を持っているのか、定期的に思い出そう。そして、疲れた時も一息ついてもう一度思い…

言葉のかけら(自分の"使われ"方)

組織の成果のためには「自分の使い方」だけでなく「自分の"使われ方"」にも気を配りたい。特に自分がなんらかの理由で希少な存在(特殊な技術や資格を持っているなど)である場合、安請け合いは結局は組織の成果を損ねる可能性が高い(たとえ周囲に"いい人"…

【休み方・体調管理】私の「黄信号」

疲弊した現状の教訓として、自分なりの「黄信号」を 残しておく(「赤信号」も入っていると思うが……)。 これらはいわば「大岩のぐらつき」。一度坂を転げ落ち始めたら流れの悪化に手がつけられなくなる(経験あり)。 今後のためにも、これらの兆候が見られ…

言葉のかけら(「するべきこと」と「したいこと」)

「するべきこと」と「したいこと」。「したいこと」がいつの間にか「するべきこと」になってしまうと、人生は苦しい。「するべきこと」は自分だけでは止められない。「したいこと」は自分だけで止められる。そして、本当の「満足」はきっと、「したいこと」…

言葉のかけら(順番で頭を整理する)

現場で働いていると、しばしば「するべきこと」と「制約要因」の重要度が無意識に混在する。「するべきこと」は軸、「制約要因」は壁。特に突然の電話などで体勢が崩れたときになりやすい。一呼吸おいて、まず進むべき方向である「あるべき姿」を確認しよう…

言葉のかけら(頼む力で個人を超える)

個人の成果(するべきこと)は「やる技術」が重要だが、組織の成果(するべきこと)の場合は「頼む技術」もきわめて重要となる。自分ならば「正しい=するべき」で終わっても、他の人もそう考えてくれるとは限らない。そもそも「正しさ」が違う可能性さえあ…

【成果・貢献・マネジメント】視点のサンドイッチ

組織の一番下の「現場」の視点と、一番上の「マネジメント」の視点を組み合わせることで、より組織にとってバランスの取れた仕事ができるようになる。 これは、自分が「現場」でも「マネジメント」でもどちらでも有効。人はどうしても、無意識に自分の立場に…

言葉のかけら(縁があればまた会える)

明日へむかうためには、過去の荷物を降ろさないといけない。そうしないと明日の仕事を背負えない。 「いつかやる」価値のあるものでも、ある期間が過ぎたら明日のために見切りをつけて手放そう。 縁があれば巡り会えるし、会えなければやはりそれだけの縁だ…

【成果・貢献・自分の活かし方】横の強みと縦の強み

他の人が全くできないようなことをする「発見力」はもちろん強みだが、これは「(することの)横の強み」と言い換えられる。 それに対して、元は一般的で他の人も出来るようなことでも、それを深掘りして極めればそれもまた強みとなる。これは「深掘り力」、…

【論評・アドバイス】アドバイスは深みと拡がりで

昨日は私の所属するスピーチクラブ(小田原トースト マスターズクラブ)の所属する地区の論評(アドバイス・ フィードバック)のコンテストがありました(私は 途中で敗退したのでスタッフとして参加でしたが汗)。 (論評コンテストというのは、1人のテス…

言葉のかけら(拝借も実力のうち)

いいものを見つけて"拝借"するのも実力のうち。いいものに接する力(情報収集力)、たくさんのものからいいものを見抜く力(選別力)、そしてそれを自分のものとして使いこなす力(実践力)の3つが揃わないと説得力のある"拝借"にならない。自分に限界を感じ…

【成果・貢献・体調管理】”苦手な仕事”していませんか?

昨日の記事(末尾の関連記事に)の続き……というか、 実は図解の書き方(見せ方)の比較用に書いた図 なのですが、思いがけずメッセージが見つかったので せっかくなので記事にしてみました(^^;) 「得意か」「(組織内で)自分だけしかできないか」の 2つの…

【成果・貢献】”あなただけの仕事”できていますか?

図解のトレーニングも兼ねて、仕事を3種類に分類してみました。 もちろん、出来る限り右上の「自分だけの仕事」に集中できればベスト。 ただし、右上に集中するためには、面積としては大きい他の2つを いかに減らすかが重要。 左下の”得意ではない”(”普通…

【今日の予期せぬ成功+今日の反省】2015/09/14

(本日のプレゼンの振り返りは http://yamadakameimemo.hatenablog.com/entry/2015/09/14/213232を参照) ◯外部とのやり取りで、聞き漏らしたことについて体面を気にせず確認した(成果・貢献) →そもそも聞き漏らし自体がないのがベストだが、次善策として…

言葉のかけら(物は言いよう、伝えよう)

物は言いよう伝えよう。同じことでも、伝え方によって印象は大きく変わる。同じ3%という数字でも「集団感染全体の3%が施設で起きています」と「毎年どこかの施設で集団感染がおきています」では印象がかなり違う。前者では「3%」という数値に目が向くため、…

言葉のかけら(違和感こそが生命線)

日々接しているたくさんの雑多な情報から「深堀り(詳細な検討)すべきこと」を見出すには、違和感の働きが欠かせない。特に、「一見"普通"に見える例外」は気を抜いていると「いつも通り」スルーしてしまってあとあとケガの元になる。もちろん、日々の"普通…

【コミュニケーション・人間関係】考え方は人それぞれ、ところで担当者は?

「人それぞれの考え方」(スタンス、タイプ)に関するところで 自分と違う考えの人に反対されたら、考え方自体はそれはそれで尊重する。 ただし、自分の領分のことなら「考え方は人それぞれだが」と 前置きした上で、よほどの事情がない限りは担当者としての…

言葉のかけら(育てた「型」が自分自身)

書式やマニュアルなど、自分なりの「型」を作り、それを育てることが自分自身を育てることにつながる。大筋は作成当初と同じでも、相手に合わせて、何より自分自身の成長(内容についても、伝え方についても)に応じて何かしらの変化があるもの。手直しが全…

【今日の予期せぬ成功+今日の反省】2015/09/02

◯電車の残り物に福があった。朝の電車が遅延でさらに混んでいたが、更に満員になった電車を見送り次の電車にすることでいつもよりも空いており、座れて快適だった →時間に余裕があるならあえて1本見逃すのも良い ◯突然呼ばれた業務分担の会議で予告なしに仕…

言葉のかけら(睡眠も見切り千両)

睡眠は明日の源(みなもと)。いい仕事をしたかったら、夜更かしの誘惑を跳ね除けることから。最高の仕事にはまず最高の自分を引き出すこと。睡眠も見切り千両

言葉のかけら(わからない = できない)

理解できないものは実践できない。だから、実践を目的とするなら広く理解できるような考え方、伝え方にする必要がある。言葉使いでは特に「無意識の専門用語」には要注意。また、「一通り伝えたが、行動にはつながらない」もよくある落とし穴。「この結果何…

言葉のかけら(確認のさじ加減)

リスクマネジメントでは、確認項目の数が大事。確認が多いと安全性と信頼性は高まるが、増えすぎるとそこだけで疲れてしまい、本来するべきこと(成果の源泉)が十分できなくなる。起こる確率と損害の大きさの期待値を考えながら、負担になりすぎない範囲で…

【今日の予期せぬ成功+今日の反省】2015/8/24

〇今週夏休みの同僚からの申し送り分野のマニュアルについて、朝イチで確認した(余裕ができたらではなく、最優先で) →申し送り内容はトラブル対策的なものであり、必ず起こるとは限らない。しかし、職種がやや異なり申し送られた内容は普段自分がしていな…

【今日の予期せぬ成功+今日の反省】2015/8/21

〇「わかっているはず」のものでも、ある程度調べて見つからなければ見切りをつけて問いあわせした →調べ物は常に注意しないと無限に時間を食いつぶす危険な誘惑。「仕事の質を上げる」という大義名分もあるだけになおさら危ない。調べ物は時間を決め(私は…

【今日の予期せぬ成功+今日の反省】2015/8/20

◯時間に余裕があったため同僚が忘れていた申し送りをさりげなく伝え、ややこしい申し送りを受けた →他者からの申し送りなどボリュームのある仕事は、早めに片づけておかないと後々スケジュールを圧迫する。他人が絡みスケジュール調整がややしにくいものの、…

【今日の一枚(2015/08/20)・成果・貢献】技術の限界

ウデ(技術)だけでなんとかなるのは、せいぜい中級レベルまで。その先は心の部分(いかに相手のことを考えられるか)がないと仕事の質は上がらないもの。 この場合の心構えには、ただ相手のことを考えるだけでなくそれを元に行動し、相手に伝わる形にするこ…

【今日の予期せぬ成功+今日の反省】2015/08/19

◯こちらなりの意見がある時に専門家に依頼する際、あえて結論からでなく最初は課題を話し、「判断」(決定)は相手に委ねる形にでき、スムーズにコミュニケーションできた →どんなコミュニケーションも、基本は相手を尊重する。「自分が話さないほどよい」と…

【成果・貢献】技術 × 人格 = 本物

プレゼン仲間の”考える清掃作業者”、宇治和馬さんの図解からヒントをもらって。 仕事人の段階を、技術と人格の2つの軸で4つにわけています。 技術 → やり方、人格 → あり方、と言い換えてもいいでしょう。 なお、この場合の人格には「お客さんの本当に求め…

言葉のかけら(「悪いなり」を繰り返さない)

重い予定が立て込むのも、体調が整っていないのも、最後は自分の不徳が原因。使えるもの(時間も気力も体力も)が限られているなら、限られているなりになんとか形にするのが仕事人。悪いなりにしのいだ経験は、きっと次の「逆境」でも役立つ。ただし、そも…

【今日の予期せぬ成功】2015/08/11

○夏休みに入る時、自転車置き場の番号を休み明けの予定に入れ、通知をつけた →週明けの月曜日や梅雨で自転車がしばらく使えない時など、自転車を 置いた場所がわからなくなり朝の時間に駐輪場でさまようことが しばしば(定期利用だが、固定された置き場はな…